2012年05月16日

『過去作品を口笛アレンジしてみたやつ。』コメント

ピカピカピカリン じゃんけんぽん!!!!!!!!
もやひとです!!!!

さて、COMITIA100新譜『過去作品を口笛アレンジしてみたやつ。』の
Webライナーノーツのようなものを書いてみました。

中身はタイトルそのまんま、旧譜の収録作品をリアレンジし、
口笛メインの曲にしたものになってます。
吹いてみたかったんです口笛、ええ吹いてみましたとも。
というわけでよろしければ以下。


『過去作品を口笛アレンジしてみたやつ。』各曲コメント

1.遠き黎明の地
 (原曲:深奥悠幻より『歌奏風海−よびごえはるか−』)
  口笛オンリーの重奏曲。
  楽譜的には3パート、うちメインメロは3重のハモりなので
  5重に鳴っております。
  あまり時間がなかったので一度に録りきったのですが、
  疲れで筋肉が強張りあごが笑いだして大変でした。

2.深き言霊の森
 (原曲:LUSTEIRISより『鳥たちは日常を見下ろす』)
  こちらはメロディが口笛の曲。
  割といつもの感じというか何というか、
  民族要素入り幻想系みたいな感じにしてみました。
  趣向として展開ごとのアレンジ変化が
  強めになるよう意識しています。


普段から何気なく口笛吹いたりはしてるんですが、
曲のためにとなると使えるテイクがすんなりとは録れず……
といった苦労があり収録時間は短くなってしまいました。

ただそのぶん重奏で密度が濃くなってたり
アレンジには力を入れたので、
口笛の雰囲気は活かせたんじゃないかなぁと思います。

あとは空間の広い感じのミックスがムズかったです。
口笛の演奏クオリティともども課題だと思いました。

ちなみにジャケは今回も自前です。
そして文字がなぜかすべて手書きです。
よくわかりませんがなんかその方が良いような気がしたので。

……ってなところで!
口笛演奏曲はまたやりたいなぁ。


posted by 幹篠もやひと | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。